英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス  
古物の専門家だから安心!
《宮城県公安委員会 古物商許可第221010001610号》

 
   

アンティーク辞典> アフタヌーンティー とは



ギャラリートレーのレーシーなサンドイッチプレート

価格:36,300

 

日本でも大人気のイギリスのアフタヌーンティーは、ヴィクトリア時代初期(1840年頃)に第7代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセルの夫人、アンナ・マリアによって始められたとされています。

当時の貴族や王族たちはの夜はオペラ鑑賞や社交に忙しく夕食が夜9時以降になることも珍しくなかったので、午後4時頃にスコーンやケーキ・サンドイッチなどの軽食を紅茶と一緒に食べるこの理に適った習慣は、瞬く間に貴族や王族たちの間に広まりました。



英国アフタヌーンティーの茶道具たち


ティーケトル

いつでも沸騰した湯を供給できるバーナー付きのティーケトルは、アフタヌーンティーの必需品です。続きを読む≫




ティーサービス(ティーセット)

ティーポット・シュガーボウル・ミルクジャグ(ミルクピッチャー)の3点セットのこと。
(上記にコーヒーポットを加えた4点セットやコーヒーポットにシュガーボウルとミルクジャグの付いたセットも有り)続きを読む≫


ティーストレーナー

茶漉し。
ティーストレーナーはポットから紅茶を注ぐ時に(茶葉が落ちないよう)カップに乗せて使います。続きを読む≫


シュガートング

その名の通り、シュガートングはシュガーボウルから砂糖を取る為の道具です。続きを読む≫





カップ&ソーサー

日本では紅茶用のものをティーカップ、コーヒー用のものをコーヒーカップと呼ぶのが一般的ですが、イギリスでは受け皿の付いたカップは全てカップ&ソーサーと呼ばれます。続きを読む≫


トリオ

カップ&ソーサーにソーサーよりひとまわり大きいティープレート(ケーキ皿)がセットになったものをトリオと呼びます。続きを読む≫


ティープレート

ティープレートはティータイムで供されるケーキやサンドイッチを取り分ける為の皿で、大きさも用途も日本のケーキ皿に相当します。続きを読む≫


ティーナイフ

ホテル等で供される現代のアフタヌーンティーではケーキ用フォークやスプーンを当然のように使用しますが 、少なくともアフタヌーンティーの習慣が始まったビクトリア時代にはティーナイフと呼ばれるバターナイフとナイフの中間のようなカトラリーがアフタヌーンティーで使用された唯一のカトラリーでした。続きを読む≫


ケーキスタンド

一般にホールケーキが乗るくらいの大きさのケーキ皿に高さ10~15cmの脚がついているものを指している場合が多いようです。
ケーキスタンド銀(スターリングシルバー)シルバープレート ・ピューター等の金属、陶器やガラスetc.様々な素材で作られていますが、初めて手に入れるのなら他の食器と合わせやすく値段も手ごろなガラス製のものがおすすめです。続きを読む≫


ケーキバスケット

小さく焼いたフルーツケーキやスコーン等の焼き菓子を盛る持ち手の付いた器。続きを読む≫


ローズボウル

日本で"ローズボウル"と呼ばれているものは、イギリスでは"Posy Holder"に当たります。続きを読む≫



ヴィクトリアンキャット的アンティーク辞典


このページのトップへ戻る ホームページトップへ