古物の専門家だから安心!
《宮城県公安委員会 古物商許可第221010001610号》

 
   

アンティーク辞典 >ビスケットバレル とは



透かし細工が美しいビスケットバレル(ガラスのライナー付き

価格:29,200


 
ビスケット(小麦粉とバター等の油脂、砂糖等で作った硬い焼き菓子)を入れる入れ物。
古い時代のビスケットバレルは装飾的ですが密封性がないものがほとんどなので、ティータイムの度にビスケットを保存している容器からビスケットバレルに移し替えてテーブルに運びまました。
(現在ビスケットバレルとして売られている商品は中身が湿気難いようにゴムパッキン等が付いており、そのままテーブルに出すというより保存的な役割が強いように思います。)

ところで・・
日本人は ”カントリーマアム” のように油脂が多くてしっとりした印象のものをクッキー、 ”マリー” や”ビスコ”のように油脂が控えめで仕上がりがサクサクしたものをビスケットと呼ぶ傾向がありますが、イギリスでは(クッキーも含め)こういった焼き菓子は全てビスケットと呼ばれます。
イギリス人によると“クッキー”はアメリカの言葉なのだとか・・。



ヴィクトリアンキャット的アンティーク辞典




このページのトップへ戻る ホームページトップへ