古物の専門家だから安心!
《宮城県公安委員会 古物商許可第221010001610号》

 
   

アンティーク辞典 > ティーケトル とは



ダウントン・アビーの時代のレアなバーナー付きのティーケトル

価格:39,300円
 
テーブルで湯を沸かせるティーケトルは、今でいうと電気ポットもしくは電気ケトルのようなものでした。

アフタヌーンティーではその家の女主人が自らお茶を淹れ客人をもてなす習慣があったこと、そして臭いの問題からダイニングや居間等のパブリックなスペースから最も遠い場所にあったキッチンから紅茶に不可欠な沸かしたての湯を冷ますことなく運ばせることが至難の業であったことから、テーブルで湯を沸かせるティーケトルはアフタヌーンティーのシーンで重宝されていました。

ところで日本では一般的な“電気湯沸し保温ポット”ですが、イギリスでは見かけることはありません。
イギリスでも湯は”電気(電気ケトル)で沸かしますが、保温機能はついておらずその都度沸かして使います。

電気ケトルに保温機能がない要因として、紅茶には沸騰した湯が必要だということ、(イギリスは電圧が高いので)すぐに湯が沸くということが考えられます。



ヴィクトリアンキャット的アンティーク辞典




このページのトップへ戻る ホームページトップへ