古物の専門家だから安心!
《宮城県公安委員会 古物商許可第221010001610号》

 
 
 


リンク

イギリスをもっと知りたいアナタへのお役たちサイトをご紹介♪
イギリス最大の観光地がロンドンであるのは疑いようのない事実ですが、イギリス人によると”本当のイギリスはカントリーサイド(田舎)にある”のだとか・・
ぜひ人も自然も豊かで優しいカントリーサイドを尋ねてみてください


英国政府観光庁(Visit Britain)の公式サイト

日本語での表示が可能なので旅行前の下調べも楽々。
またHP内のオンラインショップでは観光アトラクションやイベントのチケットを出発前に購入することが可能です。
「地球の歩き方 イギリス」に負けないくらい内容が濃いので出発前には忘れずにチェックして


 英国で一番大きい環境保護団体、THE NATIONAL TRUST (ナショナル トラスト)のHP

ピーターラビットの絵本の中に繰り返し描かれた作者ビアトリクスポターのヒルトップの家(湖水地方)もナショナルトラストによって管理されています。

湖水地方の写真は こちら≫



 アイアンブリッジ渓谷ミュージアムのHP

アイアンブリッジを中心に点在する9つの博物館は見所満載。特にビクトリア時代の生活を再現した体験型野外博物館「ヴィクトリアンタウン」はお勧め。19世紀のイギリスにタイムスリップ!

アイアンブリッジの写真は こちら≫
ヴィクトリアンタウンの写真は こちら≫



Wenlok Pottery (ウェンロック ポタリー)のHP

アイアンブリッジから車で15分、近代オリンピック発祥の地でもあるマッチ・ウェンロックという小さな街にあるB&B併設のポタリーショップです。
ぽってりとした形と温か色使いが魅力。食事と飲み物(アルコール可)付きの陶芸教室も人気です。夜の陶芸教室は要予約。


Warwick Castle (ワーウィック城)のHP

ワーウィック城は日本でも有名な観光地であるシェイクスピアの生地ストラドフォード・アポン・エイボンの街から北東へ12km、エイボン川のほとりに建つ、イギリスで最も美しい中世の城と言われています。
またワーウィック城は内装も素晴らしく、1898年にエドワード七世を招待して行われたパーティの様子を蝋人形を使って再現した様子は圧巻。
※蝋人形で有名なマダムタッソーの管理


CREWE HALL(クリュー ホール)のHP

ヴィクトリア時代に建てられたマナーハウスのラウンジでアフタヌーンティーを楽しめます。
スコーンやサンドイッチは憧れの銀の三段トレーでサーブ!(ヴィクトリア時代の貴婦気分を満喫できるグラスシャンパン付きのメニューも・・)
人数が多くなると三段トレー+普通の皿でサーブされるので、3~4人でのご利用が宜しいかと思います。
花の季節には庭に面したテラス席も悪くありませんが、初めて利用される場合は室内のソファー席、特に一番奥(もしくは右奥の窓の前)の席がお勧めです。※要予約

そのまま併設のホテルに泊まって、翌日近くにあるバーバリーやクラーク等イギリスの人気ブランドがたくさん入ったアウトレットモールに繰り出しても・・

CREW HALLの写真は こちら≫



もし宜しかったら・・


当サイトはリンクフリーです。
どのページに直接リンクして頂いても結構です。
またリンクを設定された場合の連絡は特に必要ありません。
 
もしよろしければ、当サイトへのリンクにお使いください。
(説明文やリンク先は、ご都合に合わせて自由に変更してください)

 店名  ヴィクトリアンキャット アンティークス
 URL  http://victoriancat.net/
説明文 英国式の本格アフタヌーンティーをご家庭で・・ 
イギリスのアンティーク食器とカトラリーの専門店ヴィクトリアンキャットです。
タグ <a href="http://victoriancat.net/" target="_blank">ヴィクトリアンキャット アンティークス</a>

左のバナーは当サイトのものです。
ご運営のホームページやブログの片隅に載せていただけたら嬉しいです。



このページのトップへ戻る ホームページトップへ