英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス  
古物の専門家だから安心!
《宮城県公安委員会 古物商許可第221010001610号》

 
 
 


ホームアンティーク辞典 > クリスマス(クリスマスツリー) とは



イギリスでクリスマスツリーを飾る習慣が始まったのはヴィクトリア時代で、元々ドイツの習慣だったクリスマスツリーをヴィクトリア女王の夫君アルバート公(ドイツ生まれ)が結婚の際にイギリスに持ち込んだものです。

その数年後、クリスマスを祝う王室の様子がイラスト入りで「イラストレイティット・ロンドンニュース」に紹介されたのをきっかけにこの魅力的な習慣は人々の知るところとなり、ヴィクトリア時代中期にはイギリス全土に広まりました。


ヴィクトリア時代のクリスマスレシピはこちら≫
英国らしいクリスマス飾りの作り方はこちら≫


英国 ヴィクトリアンキャット アンティークスのおすすめ商品



アールヌーボー 朝顔モチーフのイパーン(花瓶)アンティーク


バスケットに絡みついた朝顔を繊細なタッチで表現したアールヌーボーらしいイパーンです。

真ん中がボウル状になっているので、お花と一緒にフルーツ等を盛り付けることもできます。
花を生けてもそのままでも絵になる、まさに食卓の芸術と呼ぶに相応しい逸品です。


アールヌーボーとは

アールヌーボーはウィリアム・モリスが1861年に創始したイギリスの「アーツ&クラフト運動」に起源し、フランス語で「新しい芸術」を意味します。

この運動は大量生産に反発したモリスらがより装飾的なスタイルを求めようとしたもので、19世紀末から20世紀初頭(1880~1910年頃)にかけてヨーロッパを席巻したアールヌーボー様式の基礎となりました。

アールヌーボーは浮世絵などの日本文化の影響を色濃く受けており、実際当時のヨーロッパでは日本趣味が大変流行していました。
植物や動物、昆虫、女性などをモチーフにした曲線的な表現が特徴。


年代 1919年
材質 シルバープレート
サイズ 34x31.5cm 高さ/35cm
状態 AA
※ハンドルが若干非対称です。



こちらの商品は製造から100年を越えたイギリスの本格アンティークです。
当店ではアンティークの価値や風合いを損ねてしまうシルバープレート製品へのシルバーのかけ直し※は(特別な事情がない限り)行っておりません。
どうぞ安心してお求めください。
※シルバーのかけ直しは、特にシャープな”彫り”で光を反射させるブライトカットへの影響が深刻です。

アンティークのシルバープレート製品に研磨剤の入った銀磨き剤を使う場合は、同じ場所を何度も強くこすり続けないように気を付けてください。

もっと写真をご覧になりたい方は こちら≫



写真をクリックしていただくと商品の詳細が表示されます(SOLD OUT商品は表示されない場合があります)。


このページのトップへ戻る ホームページトップへ