英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス  
古物の専門家だから安心!
《宮城県公安委員会 古物商許可第221010001610号》

 
 
 


ホームアンティーク辞典 > ナショナルトラスト とは


ナショナルトラスト(National Trust )は1895年に歴史的建造物の保護を目的として3人のイギリス人によって設立された非営利団体で正式名称を「歴史的名所と自然的景勝地の為のナショナルトラスト(The National Trust for Places of Historic Interestor National Beauty)」といいます。

1907年に成立されたナショナルトラスト法によって国はトラストに様々な特権を与えているのですが、その中のひとつに「非課税」があります。
これはナショナルトラストに寄贈された保存対象物件の相続税を免除する・・というものなのですが、凄いのは寄贈者の子孫が引き続き代々そこに住み続けることが出来るということ。

寄贈してしまったのですから、たとえ代が変わっても相続税はかかりません。
一定部分の公開を義務付けられるので多少の不便はありますが(ナショナルトラストは入手したプロパティーを保護管理するだけでなく、一般に広く公開しています)、未来永劫相続税の心配も修繕費用の心配も要らないというのは凄いことだと思います。

歴史的に価値のある建物を次世代につなぐこの素敵な運動には年会費£69で誰でも参加可能で、会員になるとナショナルトラストが管理する建物や庭園に無料で入場することが出来ます。

ちなみにピーターラビットの作者ビアトリクスポターが暮らした家を含む湖水地方の美しい景観もナショナルトラストが管理をしています。


英国 ヴィクトリアンキャット アンティークスのおすすめ商品



博物館級!純銀 手彫りカットグラスのポロン(ワイン容器)


博物館に展示されていても不思議のないコンディションとクオリティーのポロン(ワイン容器)です。
注ぎ口の葡萄を模ったキャップと蓋、葡萄の葉の飾りは純銀、全体に施された葡萄のエングレービングは職人による手彫りという贅沢なお品です。

この溜息が漏れるほど美しいポロン(伝統的なスペインのワイン容器)は、ヴィクトリア後期にスペインから持ち込まれたようです。
当時の裕福な人たちはパーティー等に興を添える目的で、こういった高価で珍しい品を手に入れることがありました。

本来は(注ぎ口から)口に直接ワインを注いでいただく為の容器ですが、底が広くなっているのでグラスに注ぐ前のデカンタージュにもピッタリだと思います。
丁度よいサイズのトレーを付けてお届けします。

代替わりでお家を相続された方が、家にあった(保管されていた)ほとんどの食器とカトラリーをオークションハウスに持ち込み、その一部を当店のバイヤーが落札しました。
こういった形で市場に出たアンティークは、とてもコンディションが良いです。


ヴィクトリア時代とは

ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837~1901年の間。
ヴィクトリア時代は、初期(1837年から1850年)中期(1850年から1870年代)後期(1870年代から1901年)の3期に分類されることが多く、最盛期は中期の終わり(1860~1870)頃。

日本でも人気のアフタヌーンティーの習慣が始まったのもヴィクトリア時代のイギリスでした。
アフタヌーンティーはヴィクトリア時代初期(1840年頃)に第7代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセルの夫人、アンナ・マリアによって始められたとされています。


ポロン
年代 1880年頃
材質 カットガラス
サイズ 29x13.8㎝ 高さ/26㎝ 注ぎ口の直径/4.5㎝
状態 AA

トレー
製造 Barker Ellis社(バーミンガム)
年代 1935年頃
材質 シルバープレート
サイズ 24.3㎝
状態 AA



もっと写真をご覧になりたい方は こちら≫



写真をクリックしていただくと商品の詳細が表示されます(SOLD OUT商品は表示されない場合があります)。


このページのトップへ戻る ホームページトップへ