英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス  
古物の専門家だから安心!
《宮城県公安委員会 古物商許可第221010001610号》

 
 
 


ホームアンティーク辞典 > ティーナイフ&フォーク とは


イギリスの“ティー”には普通の”お茶”という意味の他に、早い時間にいただく軽めの夕食~サンドイッチやスコーン、マフィンetc.~という意味があります。
つまり”ティーナイフ”と”ティーフォーク”はティータイムのお菓子や軽食をいただく時に使う小さめのナイフとフォークのことです。

スコーンもサンドイッチも日本人的にはパクリ!といきたいところですが、イギリス人はティーナイフとフォークを使ってひと口大に切ってから口に運びます。


英国 ヴィクトリアンキャット アンティークスのおすすめ商品



ヴィクトリア時代 ティーナイフ&フォークセット オリジナル鍵付き


手の動きに合わせて光を反射し煌めくブレードのブライトカットが美しい、ヴィクトリア時代のティーナイフ&フォークセットです。
ブライトカットは職人による手彫り。
ティー(軽食)専用なので、一般のナイフ&フォークよりも小さめです。

軽食用としては勿論、前菜やデザート用としてもお使いいただけます。
またナイフだけフォークだけでも使えるので、フォークだけをケーキに使ったり、ナイフをバターナイフ※として使うことができます。
※イギリスではバターナイフはひとり1本使います。

ハンドルの素材は象牙(アンボリー)を模して作られたアイボリンという樹脂で、天然素材(象牙)は魅力だけど使用後のお手入れが・・という方にお勧めです。
(アイボリーとアイボリンは一瞬見間違う程よく似ています)

箱も含め、非常に良い状態。
オリジナルの鍵が残っているというのはボーナスなのですが、おそらく鍵の入っている紙袋もオリジナルだと思われます。
高品質の銀製品の製造で知られる、イギリスのJames Dixon&Sons社の製品。


スターリングシルバーとは

イギリスでは独自の基準により純度92.5%の銀をスターリング
シルバーと呼び、これが事実上の純銀となります。

スターリングシルバーの基準が決められたのは13世紀で、刻印によりスターリングシルバーを表わす"ホールマーク制度"が確立したのは16世紀中頃です。
ホールマークにはイギリスのスターリングシルバーであることを表わす"歩くライオン(横から見たライオンで顔は正面を見ており右前足を上げている)"とその銀製品を検査した地域を表わすマークが刻印されています。
(例えば有名な銀器の産地であるSheffield(シェフィールド)で検査を受けた銀製品には、王冠のマークが刻印されています)

製造年は枠の中のアルファベット1文字で表わされるのです
が、大文字や小文字・書体や枠のデザインなどを変え、たっ
た26文字で何百年も対応してきたことに驚かされます。


製造 James Dixon&Sons
年代 1890-1900年
材質 シルバープレートxアイボリン(象牙を模した樹脂)
サイズ ナイフの長さ/19.6㎝ フォークの長さ/16.1㎝ 箱:23.4x18.6㎝ 厚み/6㎝
状態 AA



こちらの商品は製造から100年を越えるイギリスの本格アンティークです。
当店ではアンティークの価値や風合いを損ねてしまうシルバープレート製品へのシルバーのかけ直し※は(特別な事情がない限り)行っておりません。
どうぞ安心してお求めください。
※シルバーのかけ直しは、特にシャープな”彫り”で光を反射させるブライトカットへの影響が深刻です。

アンティークのシルバープレート製品に研磨剤の入った銀磨き剤を使う場合は、同じ場所を何度も強くこすり続けないように気を付けてください。

もっと写真をご覧になりたい方は こちら≫



写真をクリックしていただくと商品の詳細が表示されます(SOLD OUT商品は表示されない場合があります)。
このページのトップへ戻る ホームページトップへ