英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス  
古物の専門家だから安心!
《宮城県公安委員会 古物商許可第221010001610号》

 
 
 


ホームアンティーク辞典 > トレフォイルディッシュ とは


イギリスでは主にチーズのサーブに使われましたが、3種の食べ物を味を混ぜることなく盛り合わせられるトレフォイルディッシュは、ちょっぴり気取ったアフタヌーンティーの席でボンボン(小さなお菓子)をサーブしたり、お酒の席で気の利いたおつまみを盛り合わせて供したり等など、様々な食のシーンでお洒落に使えて重宝します。

トレフォイル・ディッシュは3つのお皿が1つになったもので、それぞれのお皿にチーズとクラッカー、バターを盛ってサーブします。
クラッカーにチーズを乗せる時に間にバターをたっぷりと塗りると、ステルトン※等の癖の強いチーズもマイルドになるのでぜひお試しください。

※世界3大ブルーチーズのひとつでイギリスで作られているチーズ。
癖は強いですが、慣れると病みつきに・・。


英国 ヴィクトリアンキャット アンティークスのおすすめ商品



ヴィクトリア時代 アフタヌーンティーで使いたい薔薇のトレフォイルディッシュ

ふんわりと広がったレディのドレスを思わせるトレフォイル ディッシュです。
薔薇をメインに描かれた花束とフリル(縁)の小さなピンクの薔薇が英国らしくていい感じ♪


ヴィクトリア時代とは

ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837~1901年の間。

ヴィクトリア時代は、初期(1837年から1850年)中期(1850年から1870年代)後期(1870年代から1901年)の3期に分類されることが多く、最盛期は中期の終わり(1860~1870)頃。

日本でも人気のアフタヌーンティーの習慣が始まったのもヴィクトリア時代のイギリスでした。
アフタヌーンティーはヴィクトリア時代初期(1840年頃)に第7代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセルの夫人、アンナ・マリアによって始められたとされています。


年代 1890年代
材質 陶器
サイズ 27.8x37cm ハンドルを含んだ高さ/9cm (皿の高さ/5.1cm)
状態 AA



こちらの商品は製造から100年を越えたイギリスの本格アンティークです。
当店ではアンティークの価値や風合いを損ねてしまうシルバープレート製品へのシルバーのかけ直し※は(特別な事情がない限り)行っておりません。
どうぞ安心してお求めください。
※シルバーのかけ直しは、特にシャープな”彫り”で光を反射させるブライトカットへの影響が深刻です。

アンティークのシルバープレート製品に研磨剤の入った銀磨き剤を使う場合は、同じ場所を何度も強くこすり続けないように気を付けてください。

もっと写真をご覧になりたい方は こちら≫



写真をクリックしていただくと商品の詳細が表示されます(SOLD OUT商品は表示されない場合があります)。
このページのトップへ戻る ホームページトップへ