英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス  
古物の専門家だから安心!
《宮城県公安委員会 古物商許可第221010001610号》

 
 
 


ホームアンティーク辞典 > ヴィクトリア時代 とは



ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837~1901年の間。

ヴィクトリア時代は、初期(1837年から1850年)中期(1850年から1870年代)後期(1870年代から1901年)の3期に分類されることが多く、最盛期は中期の終わり(1860~1870)頃。

ヴィクトリア時代の最盛期は丁度日英間の貿易が始まった時期でもあり、日本製の陶器や漆器、お茶やお菓子など様々なものがイギリスへ輸出され人気を博しました。

イギリス市場向けに作られたものには当時の日本では見ないデザイン、例えば漆器のティーセットなど興味深いものも多く、これらの日本趣味はその後フランスで花開くアールヌーボーへ多大な影響を与えました。

日本でも人気のアフタヌーンティーの習慣が始まったのもヴィクトリア時代のイギリスでした。
アフタヌーンティーはヴィクトリア時代初期(1840年頃)に第7代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセルの夫人、アンナ・マリアによって始められたとされています。

当時の貴族や王族たちはの夜はオペラ鑑賞や社交に忙しく夕食が夜9時以降になることも珍しくなかったので、午後4時頃にスコーンやケーキ・サンドイッチなどの軽食を紅茶と一緒に食べるこの理に適った習慣は、瞬く間に貴族や王族たちの間に広まりました。


英国 ヴィクトリアンキャット アンティークスのおすすめ商品



未使用!ヴィクトリア時代のコーヒー&ティーポットセット ウォーカー&ホール アンティーク


全面に施された光を受けて輝くブライトカットとオールドローズやフルーツ等のレリーフが、豪華で華やかなコーヒー&ティーポットセットです。
緻密なブライトカットは職人による手彫り。

こちらのセットは造形が美しいだけではなく、シルバープレートが厚く施されている上にとてもしっかりとした作りなので、特別な席では勿論、普段の生活でもどんどんお使いいただけると思います。
未使用もしくは未使用に近い状態です。

シュガーボウルが大きめなのは砂糖が高価で”お砂糖たっぷり”が特別なおもてなしだった頃の名残で、この特徴がよりアンティークらしさを際立たせています。

ところで・・
こちらのポットセットは14世紀に建てられた美しい教会のあるレクサムという古い町にあった倶楽部(花とガーデニングを楽しむ倶楽部)の幹事長が今から約150年前の1870年代にその職を離れる際、倶楽部のプレジデントからその働きを称えて送られた少し珍しい品となります。
スパウトの下にはプレジデントからの感謝の言葉が美しい字体で彫られています。

イギリス人は今も昔も倶楽部が大好きで、当時の人々もゴルフやテニス、お料理など思い思いの倶楽部に属して社会生活を楽しんでいました。
それにしても ”花とガーデニング” の倶楽部だなんて、なんてイギリス人らしいのでしょう!

またこちらは高品質で知られるウォーカー&ホール(Walker & Hal)l社の製品なのですが、数あるシルバー/シルバープレート会社の製品の中からこういった一流の品を贈られたこの幹事長はきっとこのポットに負けない素晴らしい方だったに違いありません。

メッセージが刻まれているのはスパウトの真下で見えにくい為、ゲストが気付いてくれるまで待ち切れないアナタが、つい自分から「実は・・」とポットの歴史自慢を始めてしまいそうな気がするのは私だけでしょうか?

ご自身の代だけではなく、お子さん、そしてお孫さんの代と受け継いいただけたらでゆける逸品です。


ヴィクトリア時代のシュガーボウルが大きい理由

お砂糖が高価で富の象徴であった前時代の名残。
(ジョージ王朝時代、お茶にお砂糖をたっぷり入れていただくことは特権階級にのみ許される贅沢な行為でした)
その後もエドワード時代(1901-1910年)くらいまではシュガーボウルは大きめでしたが、1920年頃にはだいぶ小さくなりました。


製造 ウォーカー&ホール(Walker & Hall)社
年代 1870年代
材質 シルバープレート
サイズ 
ティーポット
23.3x14.9㎝ 高さ/16.4㎝ 口いっぱいの容量/1250ml(常識的な量950/ml)
コーヒーポット
21.5x14㎝ 高さ/23.2㎝ 口いっぱいの容量/1520ml(常識的な量/1200ml)
ミルクジャグ
11x8.8㎝ 高さ/13.9㎝
シュガーボウル
18x12.8㎝ 高さ/12.3㎝
状態 AA+(未使用もしくは未使用に近い状態)



こちらの商品は製造から100年を越えたイギリスの本格アンティークです。
当店ではアンティークの価値や風合いを損ねてしまうシルバープレート製品へのシルバーのかけ直し※は(特別な事情がない限り)行っておりません。
どうぞ安心してお求めください。
※シルバーのかけ直しは、特にシャープな”彫り”で光を反射させるブライトカットへの影響が深刻です。

アンティークのシルバープレート製品に研磨剤の入った銀磨き剤を使う場合は、同じ場所を何度も強くこすり続けないように気を付けてください。

もっと写真をご覧になりたい方は こちら≫



写真をクリックしていただくと商品の詳細が表示されます(SOLD OUT商品は表示されない場合があります)。
このページのトップへ戻る ホームページトップへ