{member_name} 様 (会員ID:{member_id})

いつもお世話になっております。
英国 ヴィクトリアンキャット アンティークスの宇梶です。
いつも当サイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

”イギリス便り”はカントリーサイド※に約500年前に建てられた”OLD COURT”(店長自宅)から発信している、イギリス暮らしの日々のアレコレです。
※”カントリーサイド”は”田舎”の意

写真をクリックするとアルバムが開きます(関連する他の写真もぜひご覧ください


オリエント・エクスプレス風味のキャラバン♪

今年5月に購入したキャラバン2号のリノベーションが、車体の塗装を残してほぼ終わりました (冬は塗料が乾きにくいので、塗装は早くても来年の春以降の予定です~)

(ウカジのように2台持ちは稀ですが‥)イギリスではキャラバンを持っている人は案外多いです。
中にはビンテージのキャラバンを可愛くデコレーションして、サマーハウスとしてお庭に設置している人も・・。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、キャラバン(キャンピングトレーラー)は車で牽引ができるお家のようなもので、中には(仕様にもよりますが)ベッドになるソファーがあるリビング・ダイニング・ベッドエリア(めっちゃ多目的です~)やキッチンエリア、シャワー、トイレ等が付いています。

そういえば・・
おニュー(←死語かしら?)のキャラバンは切ったり貼ったりするのが気が引けるので綺麗め中古を購入したのですが、買った後で見た目ではわからない部分に本格的な修理が必要な部分が見つかってしまって本当にイロイロ大変でした

当初の予定では7月くらいまでにサクッとリノベーションは終わらせて、夏はキャラバンで海辺の街に出かけて犬ムスメと過ごそうと思っていたのですが、修理が終らず・・ (;^_^A
でも頑張った甲斐あって、大分イメージに近い仕上がりになったように思います

去年購入したキャラバン1号のテーマは1950年頃のアメリカンダイナーでしたが、こちらは思いっきりヨーロピアン、1930年頃に活躍した高級列車オリエントエクスプレスやブリティッシュプルマン等をイメージした内装にしてみました。

あのくらいの時代の列車の窓辺にあるランプを再現したくて、地元のオークションハウスでランプのベースを手に入れて、自分でシェードの飾りをチクチク縫い付けたのですが、オリエントエクスプレス風味になっていますでしょうか??



キャラバン2号で撮影した商品のコーヒーセット(花瓶付きで

夏にキャラバン旅行に行けなかった分、普段のご飯やお酒、お茶、時には商品の撮影等、積極的に使っています♪
  ちょっと秘密基地みたいな感じでしょうか(笑)。 5歩歩けば何にでも届く、コンパクトさもたまりません~
本来の目的の旅行はモチロン、キッチンバストイレ付きの離れとしても使えるので、お庭に余裕があるようでしたらぜひ!

大人になっても基地遊びは楽しいです (^ー^)/



上記のアイコンが表示されている商品は、最大で75%引きとなっております。
※他の一般商品と一緒にご注文ください(処分品のみでのご注文はできません)。
   



英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス
PC用HP :https://victoriancat.net/
スマホHP :https://sumaho.victoriancat.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/victoriancat.antiques/
インスタグラム:https://www.instagram.com/victoriancat_antiques_uk/
お問い合わせ:こちらからどうぞ≫